業績集


  


平成11年度業績 平成12年度業績 平成13年度業績 平成14年度業績 平成15年度業績
平成18年度業績 平成19年度業績 平成20年度業績 平成21年度業績 平成22年度業績
平成23年度業績 平成24年度業績


 平成22年度 関西理学療法学会 研究業績一覧
1.著書

1)「理学療法評価学テキスト」
基本技術⑩筋緊張の評価②中枢神経疾患
  星文彦・伊藤俊一・盆子原秀三 編
  鈴木俊明
南光堂.東京.2010.151-162
2)「The Real Physical Therapy ―理学療法の現場から―」
アイペック.東京.2010.
鈴木俊明・後藤淳・大工谷新一・渡邊裕文・三浦雄一郎・谷万喜子 監修
谷埜予士次、米田浩久、高崎恭輔ほか共著

2.論文(邦文)

1)和歌山県スモン患者における座位、立位の前方移動能力とバランス能力、歩行機能との関係
吉田宗平、鈴木俊明、中吉隆之、米田浩久、紀平為子、吉益文夫
平成21年度総括分担研究報告書.165-167.2010
2)運動器疾患を理解するための体幹筋の筋活動評価
  鈴木俊明、高崎恭輔、谷埜予士次、米田浩久、谷 万喜子、渡邊裕文、大沼俊博、
三浦雄一郎
臨床脳波.52:437-436.2010
3)上肢ジストニア患者一症例に対する上肢運動機能定量化システムを用いた鍼治療効果検討
井上博紀、谷 万喜子、鈴木俊明、吉田宗平
関西医療大学紀要.4:92-99.2010
4)等尺性収縮を用いた母指対立運動の運動イメージは対側脊髄神経機能を興奮させる
  鈴木俊明、谷埜予士次、米田浩久、高崎恭輔、鬼形周恵子、浦上さゆり、谷 万喜子
  脊髄機能診断学.32:101-105.2010
5)再考 理学療法基本技術
鈴木俊明
関西理学.10:1-4.2010
6)上肢の関節可動域練習
  高崎恭輔、山口剛司、鈴木俊明、清水卓也
  関西理学.10:33-42.2010
7)介助歩行時における身体操作
魚住 心、渡邊裕文、鈴木俊明
関西理学.10:43-49.2010
8)深く座る座位と浅く座る座位での靴・靴下着脱動作における姿勢戦略に関する研究
貝尻 望、赤松圭介、藤本将志、田尻恵乃、早田 荘、水上俊樹、大沼俊博、
渡邊裕文、鈴木俊明
関西理学.10:51-56.2010
9)洗髪動作模倣課題遂行時における僧帽筋の筋活動について
-肘関節屈伸運動の速度変化による検討-
早田 荘、赤松圭介、藤本将志、田尻恵乃、水上俊樹、貝尻 望、大沼俊博、
渡邊裕文、鈴木俊明
関西理学.10:57-62.2010
10)周期性の認識に基づく効率的な運動中に定期的に呈示される異なる刺激間隔が筋電図反応時間に及ぼす影響-刺激回数の増加と刺激間隔の相違による検討-
   藤原 聡、伊藤正憲、嘉戸直樹、鈴木俊明、嶋田智明
関西理学.10:71-76.2010
 11)感覚入力における姿勢変化
   後藤 淳
   関西理学.10:5-14.2010

3.国内学会

1)母指対立運動のイメージが対側F波に与える影響
鈴木俊明
第47回日本リハビリテーション医学会学術集会.鹿児島.2010.5.20
2)合谷鍼刺激による3次元的脳電位活動の変化
三井 浩、谷 万喜子、山田哲平、西田圭一郎、吉村匡史、柳生隆規、鈴木俊明、
木下利彦
第106回日本精神神経学会学術総会.広島.2010.5.21
3)頭部後屈を呈した薬剤性頸部ジストニア患者に対する鍼治療
谷 万喜子、鈴木俊明、山田哲平、三井 浩、木下利彦
第106回日本精神神経学会学術総会.広島.2010.5.22
4)等尺性収縮を用いた母指対立運動の運動イメージが対側F波に与える影響
鈴木俊明、谷埜予士次、米田浩久、高崎恭輔、谷 万喜子、鬼形周恵子、山口紀子、
浦上さゆり
第45回日本理学療法学術大会.岐阜.2010.5.27
5)背臥位での極軽度殿部挙上位における骨盤側方移動距離の変化が腰背筋群の図積分値に与える影響
水上俊樹、藤本将志、赤松圭介、早田 荘、田尻恵乃、貝尻 望、大沼俊博、
渡邊裕文、鈴木俊明
第45回日本理学療法学術大会.岐阜.2010.5.27
6)座位での側方への体重移動における体幹筋群の筋電図積分値について
渡邊裕文、大沼俊博、山口剛司、高崎恭輔、谷埜予士次、鈴木俊明
第45回日本理学療法学術大会.岐阜.2010.5.27
7)膝伸展筋力を一定強度で維持させる課題の方法の違いにおける母指対立筋から記録されるサイレントピリオドの変動
大工谷新一、小野淳子、鈴木俊明
第45回日本理学療法学術大会.岐阜.2010.5.27
8)本学理学療法学科学生の学習意欲とOSCEによる学習成果の検討
米田浩久、高崎恭輔、中山裕子、谷埜予士次、鈴木俊明、湯浅亮一
第45回日本理学療法学術大会.岐阜.2010.5.27
9)上肢空間保持における棘上筋・棘下筋の筋電図学的分析
-肘関節角度の変化に着目して-
三浦雄一郎、福島秀晃、鈴木俊明、森原 徹
第45回日本理学療法学術大会.岐阜.2010.5.27
10)長座位での側方体重移動が両側外腹斜筋・内腹斜筋の筋電図積分値に与える影響
田尻恵乃、藤本将志、赤松圭介、水上俊樹、貝尻 望、早田 荘、大沼俊博、渡邊裕文、
鈴木俊明
第45回日本理学療法学術大会.岐阜.2010.5.28
11)片脚立位での一側下肢の運動が対側の支持脚における足底圧中心位置と足部および膝関節周囲筋群の活動に与える影響
山口剛司、高崎恭輔、鈴木俊明
第45回日本理学療法学術大会.岐阜.2010.5.28
12)洗髪動作における僧帽筋の筋活動について
-速い肘関節屈伸運動による洗髪動作における検討-
早田 荘、赤松圭介、藤本将志、田尻恵乃、水上俊樹、貝尻 望、大沼俊博、
渡邊裕文、鈴木俊明
第45回日本理学療法学術大会.岐阜.2010.5.28
13)一定間隔の聴覚刺激に基づく運動中に挿入される異なる刺激間隔が周期運動の遂行に及ぼす影響-筋電図反応時間による検討-
藤原聡、伊藤正憲、嘉戸直樹、鈴木俊明、嶋田智明
第45回日本理学療法学術大会.岐阜.2010.5.28
14)男子大学剣道選手の腰痛群と非腰痛群における脊柱Alignmentと脊柱筋の特徴
貴志真也、森北育宏、片岡大輔、木村侑史、吉田隆紀、小林啓晋、鈴木俊明
第45回日本理学療法学術大会.岐阜.2010.5.29
15)周期的な聴覚刺激の入力を手がかりとした運動後に継続する周期運動の検討
-In-phase運動とAnti-phase運動による比較-
伊藤正憲、嘉戸直樹、藤原聡、鈴木俊明
第45回日本理学療法学術大会.岐阜.2010.5.29
16)股関節への固有感覚入力が健常者の運動機能に与える影響-股関節の関節可動域、端座位における骨盤の前傾・後傾角度、側方リーチ距離、長座位体前屈の計測値に基づく検討―
末廣健児、後藤淳、鈴木俊明
第45回日本理学療法学術大会.岐阜.2010.5.29
17)手指対立運動が対側上肢脊髄神経機能の興奮性に及ぼす影響
嘉戸直樹、伊藤正憲、鈴木俊明
第45回日本理学療法学術大会.岐阜.2010.5.29
18)動作分析を用いたジストニア鍼治療-ダイナミック鍼治療の紹介-
鈴木俊明
第59回(社)全日本鍼灸学会学術大会.大阪.2010.6.21
19)尺沢の経穴刺激理学療法が母指対立運動イメージ効果に与える影響
-F波における検討-
鈴木俊明、谷 万喜子
第59回全日本鍼灸学会学術大会.大阪.2010.6.12
20)上肢ジストニア患者2症例の書字動作評価と鍼治療
-上肢運動機能定量化システムによる検討-
谷 万喜子、鈴木俊明、吉田宗平
第59回全日本鍼灸学会学術大会.大阪.2010.6.13
21)体幹に着目して治療を行った頸部・咬筋ジストニアにおける一症例
山田哲平、谷 万喜子、鈴木俊明、三井 浩、木下利彦
第59回全日本鍼灸学会学術大会.大阪.2010.6.13
22)動作分析に基づいて鍼治療を行った書痙患者に対する鍼治療
酒井英謙、井上博紀、谷 万喜子、鈴木俊明、吉田宗平
第59回全日本鍼灸学会学術大会.大阪.2010.6.13
23)機器を用いた症例のまとめ方
鈴木俊明
第22回大阪府理学療法学術大会.大阪.2010.7.11
24)健常者の立位における急速な上肢挙上の姿勢制御
-表面筋電計と三次元動作解析装置を用いた検討-
高木綾一、高崎恭輔、大工谷新一、鈴木俊明
第22回大阪府理学療法学術大会.大阪.2010.7.11
25)足底への振動刺激が片脚立位時の重心動揺に与える影響
相星裕生、高木綾一、大工谷新一、鈴木俊明
第22回大阪府理学療法学術大会.大阪.2010.7.11
26)非麻痺側股関節周囲筋の筋緊張低下へのアプローチにより、右立脚初期に前方への転倒傾向が改善した右片麻痺の一症例
畑中生子、高木綾一、鈴木俊明
第22回大阪府理学療法学術大会.大阪.2010.7.11
27)右立脚期に右膝関節外側部の疼痛を訴えた右変形性膝関節症患者の一症例
-左立脚期に着目して-
河原香、井上隆文、中道哲朗、山口剛司、鈴木俊明
第22回大阪府理学療法学術大会.大阪.2010.7.11
28)ゴルフスイングのテイクバック動作時に右三角筋後部線維の疼痛を認めた一症例
-足部機能に着目して-
中道哲朗、山口剛司、渡邊裕文、鈴木俊明
第22回大阪府理学療法学術大会.大阪.2010.7.11
29)右足関節背屈制限改善による下肢アライメントの変化が右立脚期における右後方への転倒傾向を軽減させた廃用症候群の一症例
大井直樹、高木綾一、鈴木俊明
第22回大阪府理学療法学術大会.大阪.2010.7.11
30)立位アライメントへのアプローチにより、右立脚中期での骨盤左回旋・左側下制が改善した右大腿骨転子部骨折の一症例
田津原佑介、高木綾一、鈴木俊明
第22回大阪府理学療法学術大会.大阪.2010.7.11
31)年長の痙直型両麻痺児の足部のアラインメント不良に対するアプローチ
渡邊裕文、大沼俊博、藤本将志、赤松圭介、鈴木俊明
第60回日本病院学会.岐阜.2010.7.23
32)階段昇降動作における段鼻への麻痺側足尖部の引っ掛かりにより動作に安定性低下を認めた脳梗塞後右片麻痺症例に対する理学療法
藤本将志、赤松圭介、大沼俊博、渡邊裕文、鈴木俊明
第60回日本病院学会.岐阜.2010.7.23
33)長座位での右上肢側方リーチ動作時に未義足への転倒傾向を認めたMachado-Joseph病の一症例
赤松圭介、藤本将志、大沼俊博、田尻恵乃、渡邊裕文、鈴木俊明
第60回日本病院学会.岐阜.2010.7.23
34)ミオリーベの使用により明確な機能障害の抽出が可能となった腰部疾患患者について
高崎恭輔、谷埜予士次、鈴木俊明、清水卓也
FTEX Institute第13回全体研修会.大阪.2010.9.5
35)パーキンソン病患者の前屈み姿勢の改善には骨盤調整が重要である
鈴木俊明、米田浩久、鬼形周恵子、谷埜予士次、高崎恭輔、谷 万喜子、吉田宗平
MDSJ第4回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス.京都.2010.10.7
36)運動イメージが対側F波に与える影響-母指対立運動を用いて-
鈴木俊明、谷埜予士次、米田浩久、高崎恭輔、鬼形周恵子、谷 万喜子
第40回臨床神経生理学会学術大会.兵庫.2010.11.2
37)等尺性収縮を用いた母指対立運動の運動が脊髄神経機能に与える影響
-F波導出における運動イメージ時間による検討-
鈴木俊明
第50回近畿理学療法学術大会.和歌山.2010.11.21
38)前方ステップ肢位における腹斜筋群の筋電図積分値について
-複数電極の配置による検討-
大沼俊博、鈴木俊明
第50回近畿理学療法学術大会.和歌山.2010.11.21
39)市民フェスティバルにおける理学療法に関するアンケート調査
熊崎大輔、鈴木俊明
第50回近畿理学療法学術大会.和歌山.2010.11.21
40)端座位一側下肢挙上位での体幹屈曲角度の変化が体幹筋群の筋電図積分値に及ぼす影響 
貝尻 望、鈴木俊明
第50回近畿理学療法学術大会.和歌山.2010.11.21
41)副神経麻痺・長胸神経麻痺による翼状肩甲症例の肩関節屈曲動作における鎖骨・肩甲骨動態解析
福島秀晃、鈴木俊明
第50回近畿理学療法学術大会.和歌山.2010.11.21
42)聴覚刺激の刺激間隔の相違による予測の要因が筋電図反応時間の短縮に及ぼす影響
高橋優基、鈴木俊明
第50回近畿理学療法学術大会.和歌山.2010.11.21
43)リフティング肢位における重量負荷量の変化が体幹筋群の筋電図積分値に及ぼす影響
-両膝関節前面部での重量物に対する固定の有無による検討-
野崎 結、鈴木俊明
第50回近畿理学療法学術大会.和歌山.2010.11.21
44)片脚肢位における非支持側下肢の運動が支持側足底圧中心位置と足部周囲筋群の筋活動に及ぼす影響-非支持側下肢の前後方向への課題による検討-
藤川真未、鈴木俊明
第50回近畿理学療法学術大会.和歌山.2010.11.21
45)肩鎖関節脱臼症例の肩甲帯運動と肩甲帯周囲筋の筋電図学的検討
三浦雄一郎、鈴木俊明
第50回近畿理学療法学術大会.和歌山.2010.11.21
46)端座位での下位脱衣動作における体幹の関節運動と筋活動について
-治療用ベッド上と便座上での比較-
旅 なつき、鈴木俊明
第50回近畿理学療法学術大会.和歌山.2010.11.21
47)股関節への固有感覚入力の実施時間の相違が健常者の運動機能に与える影響
-股関節の関節可動域、端座位での最大側方リーチ距離、長座位体前屈の計測値に基づく検討-
末廣健児、後藤 淳、鈴木俊明
第50回近畿理学療法学術大会.和歌山.2010.11.21
48)結帯動作における肩甲骨周囲筋群の筋活動について
高見武志、鈴木俊明
第50回近畿理学療法学術大会.和歌山.2010.11.21
49)端座位一側下肢挙上位での側方への荷重量の変化が腹斜筋群の筋電図積分値に与える影響
津江正樹、鈴木俊明
第50回近畿理学療法学術大会.和歌山.2010.11.21
50)立位での一側下肢への側方体重移動が内腹斜筋と腰背筋の筋活動に及ぼす影響
-移動速度の違いによる検討-
井上隆文、鈴木俊明
第50回近畿理学療法学術大会.和歌山.2010.11.21
51)両脚立位から片脚立位への動作における体幹筋の筋活動について
玉置昌孝、鈴木俊明
第50回近畿理学療法学術大会.和歌山.2010.11.21
52)ステップ動作における踵接地の有無が支持族大殿筋の筋活動に及ぼす影響
門田淳志、鈴木俊明
第50回近畿理学療法学術大会.和歌山.2010.11.21
53)合谷への鍼刺激前後における trigemino-cervical reflex の変化
鈴木俊明,谷 万喜子,吉田宗平
(社)全日本鍼灸学会第30回近畿支部学術集会.大阪.2010.11.21
54)太白への鍼刺激が膝伸展時における大腿四頭筋機能に与える影響
稲垣良太,谷埜予士次,氏原輝子,谷 万喜子,鈴木俊明
(社)全日本鍼灸学会第30回近畿支部学術集会.大阪.2010.11.21
55)和歌山県スモン患者におけるファンクショナルリーチテストのテスト方法の違いとバランス能力、歩行機能との関係
吉田宗平、鈴木俊明、中吉隆之、米田浩久、紀平為子、吉益文夫
平成22年度厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)「スモンに関する調査研究班」研究報告会.東京.2011.2.2
56)等尺性収縮を用いた母指対立運動の運動イメージ方法の違いが脊髄神経機能に与える影響-視覚の有無の関連性-
鈴木俊明、谷埜予士次、米田浩久、高崎恭輔、鬼形周恵子、谷万喜子
第33回脊髄機能診断研究会.東京.2011.2.5
57)効果的な運動イメージに関する神経生理学的研究
-母指対立運動イメージのF波での検討-
鈴木俊明
第2回日本ニューロンリハビリテーション学会学術集会.愛知.2011.2.12
 60)麻痺側肩甲帯と体幹に着目した理学療法により麻痺側手指の運動に改善を認めた脳血管障害片麻痺の一症例―表面筋電図を用いた理学療法効果の検討―
   大西真代、塚本枝里、鈴木裕介、山本吉則、嘉戸直樹、鈴木俊明
   第22回三重県理学療法士学会.三重.2011.3.6


4.国際学会

1) H-REFLEX AND M-WAVES FROM VASTUS MEDIALIS OBLIQUUS AND LONGS
Tanino Y, Daikuya S, Suzuki T
11th International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy
Indonesia. 2010.10
2) Excitability of spinal neural function by different methods of motor imagery with isometric opponens pollicis activity –F-wave study
T. Suzuki, Y. Tanino, H. Yoneda, K. Takasaki, C. Onigata, S. Uragami, M. Tani
9th International Congress of Clinical Neurophysiology
Japan. 2010.10
3) The H-reflex of soleus muscle in acupuncture stimulation physical therapy (ASPT)
T. Suzuki, M. Tani, S. Uragami, C. Onigata, H. Yoneda, K. Takasaki, Y. Tanino
29th International Congress of Clinical Neurophysiology
Japan.2010.10
4) A change of the three-dimensional brain electric activity by the L14 (Heku) acupuncture stimuration
H. Mii, M.Tani, K. Kishida, M. Yoshimura, T. Yamada, Y. Kitaura, T. Yagyu,T. Suzuki, T. Kinoshita
 29th International Congress of Clinical Neurophysiology
 Japan.2010.10
5) Characteristics of CMAP waveforms of vastus medialis obliquus and longus
  Y. Tanino, T. Suzuki
29th International Congress of Clinical Neurophysiology
Japan.2010.10
6) The acupuncture treatment for patients with cervical dystonia
Tani M, Suzuki T, Sakai H, Yamada T, Wakayama I, Yoshida S, Mii H,Kinoshita T
   WFAS 2010 International Acupuncture conference in the US
   USA. 2010.11