業績集


  


平成11年度業績 平成12年度業績 平成13年度業績 平成14年度業績 平成15年度業績
平成18年度業績 平成19年度業績 平成20年度業績 平成21年度業績 平成22年度業績
平成23年度業績 平成24年度業績 平成25年度業績 平成26年度業績 平成27年度業績
平成28年度業績 平成29年度業績       


 平成27年度 関西理学療法学会 研究業績一覧
1.著書(国内書籍)

1) 運動・生理学からみた筋緊張
鈴木俊明ほか共著
「筋緊張に挑む」
斉藤秀之・加藤浩 編
文光堂.東京.2015,6-15


2.著書(海外書籍)

1) Spinal Neural Function during Motor Imagery: Motor Imagery: Emerging Practices, Role in Physical Therapy and Clinical Implications.
Suzuki T, Bunnno Y, Tani M, Onigata C, Yoneda H, Todo M, Uragami S, Wakayama I, Yoshida S
Nova Science Publishers, Inc 2015


3.論文(邦文)

1) 複雑性の異なる手指対立運動の運動イメージが上肢脊髄神経機能の興奮性に及ぼす影響
前田剛伸、嘉戸直樹、鈴木俊明
臨床神経生理学.43:10-13.2015

2) 痙縮の病態生理と電気生理学的評価
鈴木俊明
MB Med Reha.180:23-28.2015

3) 脳血管障害片麻痺患者の麻痺側筋緊張亢進の要因は誘発筋電図により解明できる
鈴木俊明、谷埜予士次、米田浩久、吉田隆紀、鬼形周恵子、文野住文、谷万喜子、若山育郎、吉田宗平
理学療法学.42:176-177.2015

4) 運動イメージの具体的方法の個人差に関する一考察
東藤真理奈、文野住文、米田浩久、鈴木俊明
理学療法科学.30:405-407.2015

5) 脳血管障害片麻痺患者の痙縮のリハビリテーション評価としてのF波、H波の応用
鈴木俊明
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine.52:335-339.2015

6) 随意運動能力の回復にともないF波波形の変化も改善する
鈴木俊明、文野住文、谷 万喜子、鬼形周恵子、米田浩久、東藤真理奈、浦上さゆり、若山育郎、吉田宗平
脊髄機能診断学 36:59-62.2015

7) 前腕筋群の疲労に対する末梢神経電気療法の効果―グリップ動作課題における握力と筋電図積分値を用いた検討―
吉田隆紀、鈴木俊明、増田研一
日本臨床スポーツ医学会誌.23:552-559.2015

8) 腹臥位での下肢空間保持が非空間保持側の僧帽筋下部線維の筋活動に与える影響―肩関節外転角度の変化に着目して―
池澤秀起、高木綾一、鈴木俊明
理学療法科学.30:261-264.2015

9) 運動イメージの具体的方法の個人差に関する一考察
東藤真理奈、文野住文、米田浩久、鈴木俊明
理学療法科学.30:405-407.2015

10) 麻痺側母指球筋に筋緊張亢進を呈した脳血管障害片麻痺患者に対する尺沢への経穴刺激理学療法の効果-抑制テクニックにおけるF波の変化-
髙森絵斗、水口真希、早田恵乃、渡邊裕文、文野住文、鈴木俊明
理学療法科学.30:939-943.2015

11) ラベンダーの吸入が脊髄神経運動ニューロンに与える影響
由留木裕子、岩月宏泰、鈴木俊明
臨床神経生理学.43:111-120.2015

12) 基本動作を考える-臨床で必ず観察する基本動作-
鈴木俊明、谷万喜子、文野住文
関西理学.15:1-2.2015

13) 片脚立位―足部機能の検討―
中道哲朗、渡邊裕文、鈴木俊明
関西理学.15:17-21.2015

14) 筋力低下の部位の違いによる肩関節最大等尺性収縮時の筋活動変化 -開始肢位からの変化量に着目して-
井尻朋人、高木綾一、鈴木俊明
関西理学.15:33-37.2015

15) 一側肩関節屈曲位保持課題における肩関節屈曲角度変化が両側最長筋、多裂筋、腸肋筋の筋電図積分値に及ぼす影響について
早田荘、楠貴光、藤本将志、大沼俊博、渡邊裕文、鈴木俊明
関西理学.15:39-44.2015

16) 肩関節水平屈曲角度変化が大胸筋の筋電図積分値相対値に及ぼす影響
楠貴光、早田荘、大沼俊博、渡邊裕文、鈴木俊明
関西理学.15:45-48.2015

17) 立位でのステップ肢位保持における支持側股関節外旋角度変化が支持側大殿筋上部線維と下部線維の筋電図積分値に及ぼす影響
伊藤陸、貝尻望、藤本将志、大沼俊博、渡邊裕文、鈴木俊明
関西理学.15:49-52.2015

18) 背臥位と直立位の肢位変化が内腹斜筋横方向線維の硬度に与える影響‐組織硬度計を用いた検討‐
大沼俊博、渡邊裕文、鈴木俊明
関西理学.15:53-56.2015

19) 立位での一側下肢への側方体重移動が多裂筋・腸肋筋・最長筋の筋活動パターンに与える影響について
野口翔平、玉置昌孝、井上隆文、中道哲朗、藤本将志、鈴木俊明
関西理学.15:61-65.2015

20) 運動イメージ方法の違いによる脊髄神経機能の興奮性変化-複合イメージと単独イメージによる比較—
東藤真理奈、文野住文、鈴木俊明
関西理学.15:75-78.2015

21) 太白への鍼刺激が膝関節伸展運動時における大腿四頭筋の筋機能に与える影響―異なる鍼刺激および運動回数による検討―
生田啓記、谷 万喜子、峯山華、髙橋護、田中健一、井尻朋人、鈴木俊明
関西理学.15:85-91.2015

22) 食事動作における左麻痺側手でのお椀把持動作に実用性低下を認めた脳梗塞後左片麻痺患者の理学療法
上田透、楠貴光、早田恵乃、藤本将志、大沼俊博、渡邊裕文、鈴木俊明
関西理学.15:93-99.2015

23) 両手での洗顔動作が困難であった脳梗塞後右片麻痺患者に対する理学療法
西谷源基、橋谷裕太郎、早田荘、赤松圭介、大沼俊博、渡邊裕文、鈴木俊明
関西理学.15:107-115.2015

24) 体幹屈曲、左非麻痺側回旋および左非麻痺側肩関節水平屈曲が不十分なことで起き上がり動作が困難であった脳出血後右片麻痺患者の理学療法
田中大志、高森絵斗、早田荘、赤松圭介、大沼俊博、渡邊裕文、鈴木俊明
関西理学.15:117-125.2015

25) 立位保持時に後方への転倒傾向が生じトイレ動作の実用性が低下した右視床出血後左片麻痺患者の理学療法
木田知宏、伊藤陸、貝尻望、藤本将志、大沼俊博、渡邊裕文、鈴木俊明
関西理学.15:135-141.2015

26) 非周期的な手指反復運動が短潜時体性感覚誘発電位に及ぼす影響
山本吉則、嘉戸直樹、鈴木俊明
臨床神経生理学.43:65-69.2015

27) 両側中殿筋の筋緊張低下を認めたスモン患者1症例―片脚立位動作と歩行用知己の関連性―、厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)スモンに関する調査研究
吉田宗平、鈴木俊明、中吉隆之
平成26年度 総括・分担研究報告書.187-189.2015


4.論文(英文)

1) Effect of exercise therapy combining electrical therapy and balance trainingon functional instability resulting from ankle sprain—focus on stability of jumplanding
Yoshida T, Tanino Y, Suzuki T
J Phys Ther Sci. 27:3069–3071.2015.

2) Excitability of spinal motor neurons during motor imagery of thenar muscle activity under maximal voluntary contractions of 50% and 100%
Bunno Y、Onigata C、Suzuki T
J. Phys. Ther. Sci.27:2775-2778.2015

3) Motor imagery muscle contraction strength influences spinal motor neuron excitability and cardiac sympathetic nerve activity
Bunno Y、Suzuki T、Iwatsuki H
J. Phys. Ther. Sci.27:3793-3798.2015


5.国内学会

1) 運動療法に難渋した脳血管障害片麻痺患者の麻痺側母指球筋H波、F波の出現様式の変化
鈴木俊明、文野住文、谷万喜子、鬼形周恵子、米田浩久、東藤真理奈、浦上さゆり、若山育郎、吉田宗平
第56回日本神経学会学術大会.新潟.2015.5.23

2) 脳血管障害片麻痺患者の麻痺側母指球筋F波の波形種類について
鈴木俊明
第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.新潟.2015.5.29

3) 鍼刺激が肩関節周囲筋の筋活動に与える影響について偏歴と同経絡の非経穴部位との検証
濱野弘幸、鈴木俊明
第64回公益社団法人全日本鍼灸学会学術大会.福島.2015.5.23

4) 太白への鍼刺激が膝関節伸展時の大腿四頭筋筋機能に与える影響―置鍼と単刺の比較―
生田啓記、谷万喜子、高橋護、鈴木俊明
第64回公益社団法人全日本鍼灸学会学術大会.福島.2015.5.23

5) 頸部ジストニアに対する鍼治療において~体幹への治療が重要であった一症例~
髙橋護、谷万喜子、鈴木俊明
第64回公益社団法人全日本鍼灸学会学術大会.福島.2015.5.24

6) 運動イメージが脊髄運動神経の興奮性と自律神経活動に与える影響―イメージする収縮速度の違いによる検討―
文野住文、由留木裕子、鬼形周恵子、鈴木俊明、岩月宏泰
第50回日本理学療法学術大会.東京.2015.6.6

7) 座位での側方リーチ動作における圧中心(COP)の変化と内腹斜筋の筋活動について―リーチ距離の違いによる検討―
渡邊裕文、大沼俊博、藤本将志、末廣健児、石濱崇史、鈴木俊明
第50回日本理学療法学術大会.東京.2015.6.5

8) テーピングによる下腿回旋のアラインメント変化と着地動作時の筋活動変化について
拜藤繁彰、奥谷拓真、石濱崇史、末廣健児、谷埜予士次、鈴木俊明
第50回日本理学療法学術大会.東京.2015.6.5

9) リズム刺激によるペーシングと指タッピングの同期がその後の運動リズムに及ぼす影響 2秒間隔の運動による検討
伊藤正憲、高橋優基、藤原聡、嘉戸直樹、鈴木俊明
第50回日本理学療法学術大会.東京.2015.6.5

10) 腹臥位での下肢空間保持課題が反対側の僧帽筋下部線維の筋活動に与える影響―前腕の回内・回外角度に着目して―
池澤秀起、井尻朋人、鈴木俊明
第50回日本理学療法学術大会.東京.2015.6.5

11) 運動を観察させる対象の相違が脊髄神経機能の興奮性に与える影響
髙橋浩壽、末廣健児、鈴木俊明
第50回日本理学療法学術大会.東京.2015.6.6

12) 姿勢変化が一側の握り動作による対側上肢脊髄神経機能への促通効果に及ぼす影響
嘉戸直樹、伊藤正憲、藤原聡、高橋優基、鈴木俊明
第50回日本理学療法学術大会.東京.2015.6.6

13) 基本感覚の7%以内のリズム変化は予測に基づく反応運動を遅延させない
高橋優基、藤原聡、伊藤正憲、嘉戸直樹、鈴木俊明
第50回日本理学療法学術大会.東京.2015.6.7

14) 運動イメージが脊髄運動神経と自律神経活動に及ぼす影響―収縮強度10%と50%による比較―
文野住文、鬼形周恵子、鈴木俊明
第27回大阪府理学療法学術大会.大阪.2015.7.20

15) 運動イメージ方法の違いによる脊髄神経機能の興奮性変化-複合イメージと単独イメージによる比較—
東藤真理奈、文野住文、鈴木俊明
第27回大阪府理学療法学術大会.大阪.2015.7.20

16) 膝関節屈曲角度の変化に伴う膝関節伸展等尺性収縮時の大腿四頭筋における筋活動変化
生田啓記、井尻朋人、谷 万喜子、鈴木俊明
第4回日本アスレティックトレーニング学会学術集会.千葉.2015.7.11

17) Quadriceps Settingの即時効果が足圧中心に及ぼす影響
光田尚代、井尻朋人、鈴木俊明
第27回大阪府理学療法学術大会.大阪.2015.7.20

18) 右遊脚期に転倒傾向を認めた右股関節強直を伴う患者の一症例-代償動作に着目して―
梅本梨花、今井庸介、鈴木俊明
第27回大阪府理学療法学術大会.大阪.2015.7.20

19) 着座動作時に後方への不安定性と大腿前面に疼痛を認めた左膝蓋骨骨折患者の一症例
藤岡尚美、池澤秀起、鈴木俊明
第27回大阪府理学療法学術大会.大阪.2015.7.20

20) 歩行時の左中殿筋の筋収縮に着目することで歩容が改善した左大腿骨近位端骨折の一症例
川﨑由希、光田尚代、鈴木俊明
第27回大阪府理学療法学術大会.大阪.2015.7.20

21) 股関節伸展筋,外転筋の筋力向上により,歩行速度が改善した左大腿骨頚部骨折の一症例
大江実穂、光田尚代、鈴木俊明
第27回大阪府理学療法学術大会.大阪.2015.7.20

22) 左中殿筋に着目することで歩行時の前額面の転倒傾向が改善した右視床出血の一症例
田中勇翔、山口彩、鈴木俊明
第27回大阪府理学療法学術大会.大阪.2015.7.20

23) 左腓腹筋に着目した理学療法により杖歩行時の不安定性改善を認めた脳梗塞後左片麻痺の一症例
長尾侑治、光田尚代、鈴木俊明
第27回大阪府理学療法学術大会.大阪.2015.7.20

24) 転倒リスク評価について―転倒方向との関係性に着目―
福田圭志、光田尚代、井尻朋人、鈴木俊明
第27回大阪府理学療法学術大会.大阪.2015.7.20

25) 立位における上肢遠位関節運動時の予測的姿勢制御―筋電図を用いた検討―
加藤祥子、光田尚代、井尻朋人、鈴木俊明
第27回大阪府理学療法学術大会.大阪.2015.7.20

26) 体幹・骨盤アラインメントの改善により姿勢・動作が改善した多系統委縮症患者の一症例
伊藤紀代香、高田毅、鈴木俊明
第27回大阪府理学療法学術大会.大阪.2015.7.20

27) 歩行時に麻痺側股関節に疲労感が生じ耐久性低下を認めた脳梗塞片麻痺患者の一症例
佐々木元勝、岩淵順也、玉置昌孝、中道哲朗、鈴木俊明
第27回大阪府理学療法学術大会.2015.7.20

28) 左股関節屈曲可動域制限により立ち上がり動作の安定性低下を認めた右大腿骨頸部骨折患者の一症例
岡本雄大、玉置昌孝、中道哲朗、鈴木俊明:
第27回大阪府理学療法学術大会.2015.7.20

29) 歩行の左立脚中期に左後方への転倒傾向を認めた脳梗塞左片麻痺患者の一症例
清水貴史、玉置昌孝、中道哲朗、鈴木俊明
第27回大阪府理学療法学術大会.2015.7.20

30) 股関節屈曲可動域制限により胡坐から左前方への立ち上がり時に実用性の低下を認めた骨盤骨折の一症例
玉置昌孝、中道哲朗、鈴木俊明
第27回大阪府理学療法学術大会.2015.7.20

31) 体幹右前方傾斜により歩行の安定性低下を認めた腹部大動脈瘤後廃用症候群の一症例
西村 健、玉置昌孝、中道哲朗、鈴木俊明
第27回大阪府理学療法学術大会.2015.7.20

32) 訪問STで経験した回復期リハビリテーション病棟退院後に軽度の嚥下・味覚障害を併発した一症例
土屋笹奈、井尻朋人、鈴木俊明
第21回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会.大阪.2015.9.12

33) ショートステイを利用したメンテナンスリハビリテーションにより身体機能が改善し在宅生活を継続した一症例
川島康裕、光田尚代、井尻朋人、鈴木俊明
リハビリテーション・ケア合同研究大会 神戸2015.兵庫.2015.10.2

34) 肩関節自介助運動の筋電図学的特徴
三浦雄一郎、福島秀晃、森原徹、来田宣幸、野村照夫、鈴木俊明
第12回肩の運動機能研究会.宮城.2015.10.9

35) 肩関節水平内外転等尺性収縮における肩甲骨周囲筋活動の分析
井尻朋人、鈴木俊明
第12回肩の運動機能研究会.宮城.2015.10.9

36) 上腕三頭筋長頭の電気刺激による筋収縮が肩甲骨肢位に及ぼす影響
楠貴光、早田荘、大沼俊博、渡邊裕文、野口克己、久保恭臣、鈴木俊明
第12回肩の運動機能研究会.宮城.2015.10.9

37) 10%収縮強度運動イメージが脊髄運動神経の興奮性に与える影響-運動イメージ時の自覚的筋収縮強度を考慮して-
文野住文、鬼形周恵子、東藤真理奈、福本悠樹、鈴木俊明
第23回日本物理療法学会学術大会.神戸.2015.10.24

38) 座位の前屈姿勢の改善には大腰筋、腸骨筋の働きが重要である
鈴木俊明、文野住文、鬼形周恵子、谷万喜子、若山育郎、吉田宗平
第9回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス.東京.2015.10.15

39) 外反母趾症状を有する女子大学生の身体的および歩行時の特徴
吉田隆紀, 谷埜予士次、鈴木俊明, 増田研一
第55回近畿理学療法学術大会.兵庫.2015.11.22

40) 運動イメージ時間は脊髄運動神経の興奮性に影響を与えるか
文野住文、鬼形周恵子、鈴木俊明
第45回日本臨床神経生理学会学術大会.大阪.2015.11.6

41) 手指対立運動の運動イメージが上肢脊髄神経機能の興奮性に及ぼす影響―イメージ統御可能性の評価を用いた検討―
前田剛伸、野村真、嘉戸直樹、鈴木俊明
第45回日本臨床神経生理学会学術大会.大阪.2015.11.5

42) 片手動作および両手動作が体性感覚機能の及ぼす影響―短潜時SEPを用いた検討―
山本吉則、嘉戸直樹、鈴木俊明
第45回日本臨床神経生理学会学術大会.大阪.2015.11.5

43) 健常者における安静時F波を構成する波形の種類について
小松菜生子、水口真希、高森絵斗、大沼俊博、渡邊裕文、鈴木俊明
第45回日本臨床神経生理学会学術大会.大阪.2015.11.5

44) 脊髄運動ニューロンの興奮性と自律神経活動に及ぼすラベンダーの効果
由留木裕子、岩月宏泰、鈴木俊明
第45回日本臨床神経生理学会学術大会.大阪.2015.11.6

45) 野球経験者における体幹の可動性と運動時の体幹筋の特徴
上村拓矢、新谷星耶、森原徹、吉田隆紀、鈴木俊明
第26回日本臨床スポーツ医学会学術集会.兵庫.2015.11.7

46) 母趾屈曲運動の運動イメージが脊髄神経機能の興奮性に与える影響―動画を用いた視覚刺激下での性差の相違について―
平瀬尚貴、井上達哉、由井和久、佐々木英文、鈴木俊明
第24回日本柔道整復接骨医学会学術大会.新潟.2015.11.7

47) 母趾屈曲運動の運動イメージが脊髄神経機能の興奮性に与える影響―鏡を介する運動イメージの関連性について―
柳原ちはる、中上飛鳥、宮迫絢冬、佐々木英文、鈴木俊明
第24回日本柔道整復接骨医学会学術大会.新潟.2015.11.7

48) 母趾屈曲運動の運動イメージが脊髄神経機能の興奮性に与える影響~座位での視覚を用いた運動イメージによる検討~
中西康将、佐々木英文、鈴木俊明
第24回日本柔道整復接骨医学会学術大会.新潟.2015.11.8

49) 座位での側方リーチ動作開始時における脊椎・骨盤帯の動きについて
西谷源基、楠貴光、早田荘、渡邊裕文、鈴木俊明
第2回日本基礎理学療法学会学術集会・日本基礎理学療法学会 第20回学術大会.神奈川.2015.11.14

50) 手指対立運動イメージが脊髄神経機能の興奮性に与える影響―利き手側と非利き手側の比較―
黒部正孝、東藤真理奈、文野住文、鈴木俊明
第2回日本基礎理学療法学会学術集会・日本基礎理学療法学会 第20回学術大会.神奈川.2015.11.15

51) 運動イメージが脊髄神経機能の興奮性および運動の正確性に与える影響について―自覚的筋収縮強度の把握―
福本悠樹、文野住文、鈴木俊明
第2回日本基礎理学療法学会学術集会・日本基礎理学療法学会 第20回学術大会.神奈川.2015.11.15

52) 端座位での側方リーチ動作における圧中心軌跡と股関節周囲筋の筋活動に関する検討―運動開始前後の運動学的特徴に着目して―
池田幸司、末廣健児、木津彰斗、國枝秀樹、高橋浩壽、鈴木俊明
第55回近畿理学療法学術大会.兵庫.2015.11.21

53) 端座位での前方リーチ肢位保持における大殿筋および内側・外側ハムストリングスの筋活動
木津彰斗、末廣健児、國枝秀樹、石濱崇史、池田幸司、鈴木俊明
第55回近畿理学療法学術大会.兵庫.2015.11.21

54) 座位での股関節内旋・外旋位保持課題が大殿筋上部線維、中殿筋前部線維、大腿筋膜張筋の筋電図積分値に及ぼす影響
伊藤陸、早田荘、池田幸司、藤本将志、大沼俊博、渡邊裕文、鈴木俊明
第55回近畿理学療法学術大会.兵庫.2015.11.22

55) 片脚立位における支持側小趾外転筋の筋活動パターンの検討
中道哲朗、渡邊裕文、鈴木俊明
第55回近畿理学療法学術大会.兵庫.2015.11.22

56) 太白への鍼刺激が膝関節伸展運動時における大腿四頭筋の筋機能に与える影響
―置鍼中における運動回数の影響―
生田啓記、谷万喜子、高橋護、鈴木俊明
平成27年度(公社)全日本鍼灸学会 第35回近畿支部学術集会.大阪.2015.11.29

57) アキレス腱への3分間の集毛鍼刺激がヒラメ筋のH波に与える影響
高橋護、生田啓記、谷万喜子、鈴木俊明
平成27年度(公社)全日本鍼灸学会 第35回近畿支部学術集会.大阪.2015.11.29

58) 運動イメージが効果を認めなかったF波の波形の種類は増加することがある
鈴木俊明、文野住文、谷万喜子、鬼形周恵子、東藤真理奈、福本悠樹、浦上さゆり、吉田宗平
第37回脊髄機能診断研究会.東京.2016.2.6



6.国際学会

1) Electromyogram power spectrum properties of the vasti muscles during isometric ramp contraction
Tanino Y, Suzuki, Yoshida S.
World Confederation for Physical Therapy (WCPT) Congress 2015. Singapore. 2015, 5. 1-4

2) Effect of exercise therapy combining electrical therapy and balance training on functional instability of ankle sprain - Focus on stability of the jump-landing –
Yoshida T, Tanino Y, Suzuki T.
World Confederation for Physical Therapy (WCPT) Congress 2015. Singapore. 2015, 5. 1-4


3) Current status of standardization of the medical rehabilitation technology in Japan: Analysis of knowledge management
Takagi R, Suzuki T
World Confederation for Physical Therapy (WCPT) Congress 2015. Singapore. 2015, 5. 1-4

4) Excitability of Spinal Neural Function using the F-wave during Motor Imagery in Parkinson Disease
Suzuki T, Bunno Y, Onigata C, Tani M, Uragami S, Yoshida S
9th World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine, Berlin-Germany, 2015.6